アグリソーラーシェアリング

営農型太陽光発電システム

アグリソーラーシェアリング


グリーン&ソーラー MEGA10

TPP、減反廃止、農業人口の減少・高齢化など農業を取り巻く環境はいちだんと厳しさを増しています。 これらの問題を一挙に解決するのがアグリソーラーシェアリングです。 太陽光発電事業と持続的農業経営を両立させて、安定収入を確保しながら将来にわたって営農が可能になります。 農業の発展は国土を再生し、安全な食糧を確保して日本人の生命を守ることです。 さらに祖先が営々として守り受け継いできた美しい国土を次の世代に引き継ぐことです。
アグリソーラーシェアリングは農業(緑)と太陽光発電(太陽)と国土保全(大地)の三位一体を目指します。 持続的農業経営と太陽光発電経営を両立することによって、豊かで安定した暮らしを守り、故郷の田畑を蘇えらせます。



アグリソーラーシェアリング

グッドデザイン賞

受賞対象名:シェアリング回転式架台システム[ グリーン&ソーラー - MEGA10 ]

事業主体名:ソーラーフェニックス株式会社

分類:産業用空間向けの工法

デザインコンセプト:農地に優しく大型農機が使用可能な大空間を確保した。耐久性に優れ安価で組立簡単な架台を目指した。


ソーラーシェアリングとは

ソーラーシェアリング(Solar Sharing:営農継続型太陽光発電)とは、農地の地上3mほどの位置に30%程度の遮光率で 隙間を空けて、太陽光パネルを並べ、耕作および作物の生育に支障なく営農を継続しながら太陽光発電を行う事です。 シェアリングsharing とは、無限に降り注ぐ太陽光を、作物の育成と太陽光発電で分け合う、という意味なのです。
「アグリソーラーシェアリング」は、将来にわたって持続可能な農業経営と太陽光発電事業の両立をめざします。 基礎、架台から太陽光パネルにいたるまで、すべて新開発の画期的システムで構成されています。 まさに日本の豊かな自然を守り、農業の未来を創る本物のソーラーシェアリングです。


アグリソーラーシェアリングのメリット

アグリソーラーシェアリング」は、新開発の130W太陽光パネル、回転式架台システム、基礎システム(メガアンカー)、 屋外専用パワーコンディショナなど周辺機器を含め、便利なパッケージとして届けられます。 例えば農地1反(300坪=1000m2) あたり約50kwのアグリソーラーシェアリングが設置可能です。 50kwの発電量は年間約52,000kwhとなり売電収入は約160万円となります。 (※発電量は気象条件等によって変わります。売電額は32円/kwhで計算しています。)


アグリソーラーシェアリングの構成

  • 基礎-メガアンカー(MEGA ANCHOR®)
  • メガアンカー

    掘削作業やコンクリートは一切不要、重機(ユンボ)も使用しないので、農地を傷めることはありません。 どんな地盤にも電動ハンマーで打ち込むだけで、びくともしない基礎ができあがります。 工期が短縮し、省力化も達成できるため、抜群のコストパフォーマンスを実現できます。 むろん環境に優しいので全世界で使われています。 標準施工で1基あたり3トンの耐荷重を持つメガアンカーは世界各国で建築基礎として承認されています。 その強度・安全性および耐久性は長期にわたって十分に実証され、世界各国で特許を取得しています。



  • 太陽光パネル(130W)
  • 太陽光パネル

    約158cm×約54cmのアグリソーラーシェアリング専用小型高効率パネルを搭載します。 ドイツ製バックシートや配線材を使用し、高い品質と群を抜く耐久を実現しました。 遮光率と発電量のバランスが最適な小型サイズのため、雨だれによる農地の傷みが軽減できます。 10年保証のパネル回転機構(0°〜90°)は油を加える必要はいっさいありません。 遮光率の調整、積雪や台風による荷重の軽減、さらに農閑期の発電効率アップも可能です。


  • 世界トップシェアパワーコンディショナー(独SAM SUNNY BOY 350TL-JP/4500TL-JP)
  • パワーコンディショナー

    北極圏のフィンランドからサウジアラビアの砂漠まで世界中の過酷な環境で実証。 日本のどんな猛暑でも運転停止の心配はありません。高品質だから耐久性抜群です。 自動車のエンジンと同じアルミダイキャスト製の密閉構造により完全に防水防塵です。 結露に無縁、しかも耐塩害の完全屋外設計のためアグリソーラーシェアリングに最適です。 独自の放熱設計により放熱のためのファンはありません。 故障しやすい可動部(モーター)や故障の原因となる開口部が無いので、長寿命かつ完全メンテナンスフリーです。 専用の遠隔装置(オプション)を組み合わせればスマホから、いつでもどこでも発電量をチェックできます。 さらにそのデーターはSMA社のサーバーに無料で保管されます。


  • 特製ワンタッチグリップ
  • 特製ワンタッチグリップ

    アグリソーラーシェアリング専用の小型太陽光パネルを架台に固定するため、当社ではクランプを独自開発いたしました。 独自の2ピース設計によりボルト1本の締付で架台に固定するため、工期を短縮し建設コストを抑えることが可能です。 また架台を貫通させるようなドリルねじを使用しないため、貫通部からの錆・腐食がなく長期間安心して設置頂けます。 万が一のパネルの修理・交換の際にも脱着がスピーディにできます。




寒冷地対応(日本)

アグリソーラーシェアリングは、独自設計の軸受の採用により、冬季でも凍結せずにパネルの角度調整ができ、より高い発電量を確保します。


グリーン&ソーラーMEGA10の開発理念

世界有数の美しい自然に恵まれた日本は、国土面積の68%が森林でおおわれています。 そのいっぽう耕地面積はわずか12%で、食料自給率は先進国中最低の約40%です。 ヨーロッパの耕地面積は約30%(フランス35%、ドイツ33%、イタリア31%)で食糧自給率は100%以上を達成しています。 戦後、日本は経済成長を優先したため森林や農地の乱開発が自然環境を破壊し、国土の疲弊をもたらしました。 その結果こんにち多くの自然災害をひき起こし、さらに食の安全をも脅かしています。 3.11東日本大震災は、いまを生きる日本人すべてに多くの問題を突きつけました。 特に原発事故による放射能汚染は、生命に直接危害をおよぼすのみならず、今後数十年間にわたって多くの人びとに不安な暮らしを強いることになりました。 だからこそ、原子力発電に代わる安全な再生可能エネルギーへの転換を早急に進めなくてはなりません。 そのもっとも身近なエネルギーが太陽光発電です。 緑と太陽と大地の融合をめざして開発された"グリーン&ソーラー――MEGA10?"は、美しい故郷の風景にとけ込み農業の未来を切り拓きます。