SCOOP5S

1U・19インチ型多機能型ステレオオーディオコーディック

SCOOP5S


特徴

1U・19インチ型多機能型ステレオオーディオコーディックのSCOOP5SはIP、ISDN、デジタル専用線で使用でき、オーディオアルゴリズムも豊富なバリエーションを備えて、従来のAETA社コーデックとの互換性も有しています。



仕 様

オーディオ

アナログ

バランス型、最大レベル調整:0〜22dBu

入力インピーダンス:600Ω 又は10KΩ

出力インピーダンス:<50Ω

XLRコネクター:  入力:雌、 出力:雄  各2個

デジタル

AES/EBUフォーマット

サンプリングレイト:32K、48KHz、96kHz 又は入力同期方式

XLRコネクター:  入力:雌、 出力:雄  各1個

オーディオ特性

帯域:20〜20kHz

THD+N:<80dB(0.01%)

チャンネル分離:>80dB

通信インタフェース

デジタル専用線

X21インタフェース 伝送速度:64〜384KBPS

イーサネット

100 BaseT/10BaseTの自動認識

IPアドレスの設定:DHCP 又は 手動入力

SIPプロトコル( SDP , RTP , RTCP , UDP )IETF規格準拠

ISDN(オプション)

NTT、Euro、USAプロトコルのいずれかを1つ指定 伝送速度:64〜256KBPS

ダブルコーデックモード対応:G722モードで同時に2ヶ所への通信が可能

NTT HC-7000、HC-1000とコンパチ

モバイル(オプション)

SIMカードスロット:NTTドコモ社のLTEデータ通信端末用SIMカードをスロットに実装

データ通信速度:16K〜192Kbps 外部アンテナ端子付(SMAコネクター)

アルゴリズム

MONO

G722(7KHz、SRT/H242) CELP(7KHz、24KBPS)

ADPCM(4SB)

10ms以下のローディレイ、15KHzオーディオ モノ(128KBPS)及びステレオ(256KBPS)対応

MPEG LU

64〜384KBPS、J52準拠、モノ及びスレテオ対応 サンプリングレイト 48、32、24、16KHz

MPEG AAC

AAC-LC、HE-AAC モノ、ステレオ:32〜48kHz、16kBPS〜Max256kBPS

OPUS

モノ:12K〜192kbps ステレオ:16k〜256kbps 帯域:MAX20kHz

Linear

モノ・ステレオ:L16、L20、L24 サンプリング周波数:20〜20kHz

AUX機能

データチャンネル(DATAコネクターを使用)

データ転送機能(PCからのテキストデータや各種デジタルデータ)

RS-232Cインタフェース、ボーレート/300〜19,200BPS

リレー伝送(AUXコネクター及びDigitall I/Oコネクターを使用)

2chドライコンタクトリレー: CUEコントロールBOXと接続可能

リモートダイヤル及び通信モニターが可能 デジタルI/O:入力/出力  各8ch

ユーザーインターフェース

ダイヤルテンキー、ファンクションキー、バックライト付きLCD、ヘッドホン端子

オーディオレベルメーター:入力、出力の各LR表示

50種類の電話番号登録でワンタッチダイヤル

5AS機能:ISDNモード時、発信側相手の設定条件へ自動受信応答

イ−サネット/IP又はRS-232C上での遠隔操作 HTMLサーバーを内蔵

一般仕様

外形寸法:約480Wx252Dx44H(o)  3.4Kg

電源:AC85〜263V 自動切換え 50/60Hz

使用環境:0〜45℃

バージョン

IP・LLインタフェース  + ISDN BRI 1又は2ch +モバイル